青汁で血糖値は下がる?

美味しい青汁ジュレ↓

青汁で血糖値が下がる?糖尿病の予防にも

おやつ

 

血糖値が高いと、糖尿病や脳卒中、神経障害、ガン、動脈硬化などの病気を起こすリスクが高まります。
生活習慣病だけでなく、死に至るほどの思い病気を発症するリスクも高まるので、血糖値が高めだと感じている人は早めに対策を始めましょう。

 

血糖値の上昇を抑える飲み物として注目されているのが「青汁」です。
青汁には、「水溶性食物繊維」「DNJ」「ビタミンB1」「カルコン」「βカロテン」といった血糖値を下げる5つの成分が含まれています。
水溶性食物繊維……糖の吸収を緩やかにして血糖値の上昇を抑える
DNJ……糖質の吸収の邪魔をして血糖値の上昇を抑える
ビタミンB1……糖質の消費をサポートし、糖質の消費率をアップ
カルコン……血糖値を下げる成分「アディポネクチン」を増やす
βカロテン……血中コレステロールを減らして血糖値を抑制
これらの成分の働きによって、青汁を飲み続けることで、血糖値の上昇を抑えていけると言われています。

毎日の食事を見直して糖質制限をすることも大切ですが、完全に糖質をカットするのは難しいことです。
より手軽に、効率的に血糖値を下げるなら、青汁を飲むというのもひとつの方法ではないでしょうか。

 

血糖値を下げる飲み方

 

青汁を飲んで血糖値を下げたいなら、まずは飲む「タイミング」に注目しましょう。
青汁に豊富に含まれる食物繊維は、体内に入ってくる糖質をキャッチし、血糖値が急激に上昇することを防いでくれます。

 

そのため、青汁を“食前”に飲むよう心掛けることで、食事による血糖値の上昇が緩やかになります。
食後に飲むと、青汁の効果が出始める前に糖質が吸収されてしまうので、せっかくの高血糖対策も効果が半減してしまいます。
食前に青汁を飲むことで、食物繊維による満腹感を得られるので、食べ過ぎ防止にもつながります。

 

また、より糖質制限の効果を実感したい場合は、青汁製品に含まれる糖質量をチェックしてみると良いかもしれません。

例えば、サントリーの「極の青汁」は、1杯に含まれる糖質量が1.63グラムです。
ケンプリアの「リッチグリーン」は2.23グラム、ファンケルの「本搾り青汁 ベーシック」は2.4グラムとなっており、どの青汁も糖質量は非常に少ないものの多少の差があります。

徹底的に糖質量にこだわりたい人は、選ぶ青汁製品の糖質量までチェックしてみるのも良いでしょう。
甘くて飲みやすい青汁でも、意外と含まれる糖質量はわずかだったりします。

 

 

すでに糖尿病の人も飲んで大丈夫?

 

血糖値の上昇を予防できる青汁は、すでに糖尿病の疑いがあり、糖質制限を始めている人が飲んでも特に問題はありません。

青汁は食品なので、血糖値を下げるために病院で処方される薬とは違います。

普段の食事と同じように摂取しながら、健康に効果を期待できる飲み物なのです。

 

糖質制限中の人が青汁を飲むときに気になるのは、青実に含まれる糖質の量だと思います。
せっかく糖質を制限しているのに、青汁を飲むことで大量の糖質を摂取してしまうことになるのは避けたいですよね。
とは言え、青汁は基本的に“低糖質”のものばかりです。

 

健康食品として販売されている一般的な青汁は、1杯に含まれる糖質量が1グラム〜3グラムほどとなっており、甘くて飲みやすいフルーツ青汁でもわずか5グラムほどしか含まれていません。

 

普段の食事では、1色あたりの糖質摂取量目安が約126グラムと言われているので、それに比べると100分の1程度しかありません。
低糖質の青汁なら、糖質制限中の人も安心して飲めますね。

 

また、食品である青汁は妊婦さんでも安心して飲むことができるので、妊娠中の血糖値上昇を抑えるために飲むのも良いです。
製品ごとの摂取量目安を守り、安全に飲み続ければ、妊娠糖尿病などの予防として効果的です。

特別価格の公式サイト↓